耐震診断は念入りに

旧耐震基準と新耐震基準

耐震診断が注目を浴びています。耐震診断が注目を浴びる理由は、東日本大震災をきっかけに日本中で大小様々な地震が起こっているからです。これにより、「いつ我が家が倒壊してもおかしくはない」と思う人も増えたのです。 もし、賃貸住宅であれば、耐震性にこだわった住宅選びをしたほうがいいでしょう。引っ越しにはお金がかかりますが、明らかに耐震性に問題があるとすれば、その住宅はやがて倒壊する可能性も高いからです引っ越しにかかる費用と命はどちらが大切かという選択だと思えば、自ずと結論は見えているはずです。 これに対して、自己所有の一戸建て住宅は、耐震診断をする必要があるか迷うところですが、1981年より前に建築された住宅であれば耐震診断をしてみるべきです。

阪神淡路大震災の教訓を生かす

1981年には耐震基準の改正がされました。また、それよりも10年前の年1971年にも同様に耐震基準が改正されました。このうち、1981年より前の耐震基準を旧耐震基準と呼び、1981年よりあとの耐震基準を新耐震基準と呼びます。 この基準は普段から住んでいてもなかなか違いがわかりませんが、はっきりと違いが出たのが1995年に起きた阪神淡路大震災です。阪神淡路大震災の死者の8割は建物の倒壊による圧死と言われていますが、この時倒壊した家屋は9割が1981年よりも前に建てられた旧耐震基準の時の住宅だったのです。特に被害が多かったのは1971年より前に建てられた住宅です。 このように考えると、旧耐震基準の耐震診断は必須と言っても言い過ぎではありません。