安心して暮らすため

耐震診断でわかる住宅の強度

日本は災害の多い国で、その中でも地震の危険が高い国です。そんな日本で安心して暮らそうと希望する場合、住宅が地震に強い事が求められているのです。ですが地震対策について詳しくない人は、現在住んでいる住宅が地震に強いものなのか、そうではないのか判断する事が難しいのです。 そういった場合に役に立つのが、耐震診断になるのです。特に住宅に耐震補強を、おこなおうとした場合には必要になってくる診断なのです。ここでは耐震診断をおこなう事により、どんな事がわかってくるのか紹介していきます。耐震診断は主に住宅の基礎や柱の強度の、診断がおこなわれるのです。基礎はコンクリートの劣化はないかを調べたり、柱はシロアリなどに食われていないかなどを調査するのです。

安心して暮らすために必要

また地震対策として必要なのは、住宅だけでなく地盤が強固である事が要求されるのです。そのため耐震診断では、地盤の強度も念入りに調査されるのです。特に最近の地震被害の結果を見ると、軟弱地盤に被害が集中している結果がでているのです。そのため地盤の調査をおこなう事が、耐震診断で一番重要な事なのです。埋立地であったり、川が流れていた上に住宅を建てた場合、なにかしらの地震対策をしなければならない軟弱地盤の事が多いのです。現在住んでいる場所がそういった形跡がある場合は、耐震診断をしてもらう事が肝心です。そして耐震診断をしてもらう事により、対策ができるため結果がどうであったとしても、安心して暮らす事ができるようになるのです。